【 スペアタイヤ落下事故 】運転手と事業所責任者が過失致死容疑で書類送検

7月22日にトラックのスペアタイヤ落下による

死亡事故の続報が一斉に報道されました。

2017年10月中国自動車道で 落下物のスペアタイヤに乗り上げて

横転した大型トレーラーにはねられ、

母娘2人が死亡した事故で岡山県警は7月22日、

落ちたタイヤを装着していた大型トラックの運転手と

そのトラックを所有する会社の営業所長を

業務上過失致死の容疑で書類送検しました。

『岡山県警の見解』 タイヤは事故直前にトラックから落下したもので

タイヤを固定する金具がさびて腐食し、破断していた。

当時はスペアタイヤの固定状態を確認する法的義務はなかったが、

道路凍結防止剤などの影響によりタイヤ固定金具がさび、

タイヤが落下する可能性を営業所長は予見しながら

点検や整備を怠っていた疑いがある。

大型トラックのスペアタイヤは 現在は3ヶ月ごとの点検が義務付けられていますが、

新車購入時から一度も確認したことがない というドライバーも多いと思います。

もともと高速道路での落下物は 落とし主の責任で法的な罰則もあります。

スペアタイヤの固定金具に不安なドライバーは いつでも当店ご相談ください。

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね