新しいタイプの医療保険

医療保険は毎年進化していますが、 今回、大きく医療保険が進化しました。

日帰りや1日入院で一時金を受け取ることができたり、

通院治療の費用を保障したり、 新しいタイプの医療保険が出てきました。

医療保険はけがや病気で必要となる支出に備えるものです。

一方、高額療養費制度などの公的扶助もあり、 必要以上のものにならないように、

公的制度を補完するタイプの医療保険もあります。

また、新しい医療保険は保障が手厚いことから、

保険料が割高になっているものもあり、 保険会社それぞれが特色を出すために、

保障内容が異なるために安易に比較できません。

大事なのは子育ての環境で住宅ローンがあるお家は、

新しい医療保険だからといって飛びつくのは危険です。

例えば「医療費−公的扶助=自己負担額」に相当する貯蓄があれば、

医療保険は必要ないと判断することもできるし、

貯蓄がなければその分を補完する医療保険で良いとも判断できます。

商品自体が良い保険でも それぞれの個人や家庭に合致しているとは限りません。

当店の保険担当は豊富な知識をもとに お客様にマッチした保険を提案させていただきます。

お問い合わせをお待ちしています。

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね