消えていく名車

平成のファミリーカーとして代表される

「エスティマ」が昨年10月で生産を終了しました。

「天才タマゴ」というキャッチフレーズで売り出され、

ミニバンの地位を確立させた先駆者だったと思います。

昭和からスポーツセダンとして永く支持された

「マークⅡ」も昨年12月に生産を終了しました。

おじさんから若者まで、幅広い人気がありましたが、

S U V車などの人気には勝てなかったようです。

トヨタ車以外でも三菱の「パジェロ」が昨年8月、

ニッサンの「キューブ」が昨年12月、

スバルの「W R X S T I」が今年1月に

生産中止となるなど、昨年から名車が多く消えていきました。

報道によると電動化や自動運転などの技術開発に

莫大な費用がかかることから

各メーカーが車種の絞り込みに入ったとしています。

クルマって、時代のニーズで様々に変化しますが、

それとともにドラーバー人口の減少が

名車の生産中止に追い討ちをかけたような気がします。

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね