【車の知識】燃料メーター

燃料メーター
  • 「F」と「E」の意味

  • 燃料メーターで給油口が左右どちらにあるか分かる

  • 給油のタイミング

 

今回は燃料メーターについて書きます。

燃料(ガソリン)は車を走行させる為に必要な要素の一つです。

「F」と「E」の意味

燃料メーター

Fは、Full  (フル:満タンよ)の頭文字です。

Eは、Empty(エンプティ:空っぽよ)の頭文字です。

自動車って外国語ばかりで表示されてますよね。

「満」「空」で表示している日本人仕様にしてほしい。

車種によってはマーク部分に「 Fuel 」と書かれている場合があります。

Fuel=燃料(ガソリン)の事です。

運転席から、左右どちらに給油口があるか分かる

ガソリンマーク

上記画像は右に矢印があります。

これは、給油口が車体の右側にありますよ。という意味です。

もちろん車種により左を向いている矢印も御座います。

これを覚えているだけで、ガソリンスタンドにて

あれ?給油口どっちだっけ? が無くなります。大変便利。

給油のタイミング

これは人それぞれと思います。

ランプが点灯してから給油する人、半分すぎたら給油する人

ラスト1メモリで給油する人など十人十色でしょう。

 

そして給油量ですが、

しっかりした計算は分からないので、私の感覚で書きます。

満タンではなく半分ぐらいの給油がいいかなと思います。

半分の給油の方が、1リッターあたりの走行距離が伸びている気がします。

 

という事で燃料メーターについて書きました。

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね