【車の知識】レギュラーとハイオク

ガソリンスタンド

・何が違うの?

・基準はあるの?

・ハイオク車にレギュラーは✖

 

最近ア〇みたいに高いですね。ガソリン。

レギュラー1リットルあたり、奇跡の150円越えです。

そんなア〇みたいに高いガソリンについて書きます。

ガソリン(燃料)の性質

ガソリンは独特の臭いと、低温でも蒸発しやすい特性を持っております。

北海道の冬は寒い時で気温マイナス20度や30度です。

ガソリンはそれよりも低い、マイナス40度でも蒸発するそうです。

火気厳禁の意味が分かります。

ライター

オクタン価による違い

オクタン価とは?(Wikipediaより)

レギュラーはオクタン価89以上と定められており

ハイオクはオクタン価96以上となっております。

この数値は、高いほど引火点が高く、ノッキングしにくいという意味です。

質の良い燃料という事です。

オクタン価の数値が高いので、ハイオク(High オク)と呼ばれています。

※ノッキング → 燃料が異常燃焼し、エンジンの不調、異音が生ずる現象。

燃料代節約!レギュラー入れよう!は控えましょう

金欠

ハイオク仕様の車種はハイオクを入れて下さい。

自動車メーカーの製造段階でハイオク仕様の構造となっている為、

レギュラーを入れると、エンジン不調の原因となります。

更に燃費が悪くなるというデータが御座います。

燃費が悪くなり、エンジン不調で修理となれば、逆にお金がかかる事も。

くれぐれもハイオク仕様の車種にはレギュラーを入れない様にお願いします。

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね