【車の保険】事故の時はどうする?

事故

・自分は事故らない

・安全運転だから大丈夫

・備えるべき事は?

 

今回は交通事故の当事者になった時、どうするべきかを代理店目線で書きます。

事故らないから大丈夫!という方も「もらい事故」は防げません。

サラっとで構いませんので、読んで頂けたらと思います。

 

①まずは落ち着こう

こう言われても、事故の当事者になる事は滅多にないので、難しいですね。

でも、落ち着いて下さい。過去には戻れません・・・

 

②同乗者、お相手、歩行者などの状況を確認

出来れば時刻を確認のうえ、事故によるケガ人や重傷の方が周りにいないかを確認。

いる場合は警察(110番)よりも救急車(119番)を呼んで下さい。

ヒトが最優先です。

救急

③警察へ電話

発生場所、時刻、状況など、分かる範囲で警察へ電話。

※人身事故なのか?物損事故なのか?

単独事故なのか?追突なのか?接触事故なのか?

事故が起きた事実を話して下さい。

police

④警察が到着するまで待つ

相手がいる事故であれば、気遣う事も大事ですが、

この待ち時間で、絶対に「過失割合」や「賠償金」の話はしない事です。

stop

あとになって、もめる原因になったります。

相手から問われた際は

「それに関しては、保険会社から電話させます」の一択。

まずは、お互いの事を確認。

住所、氏名、電話番号などをメモしましょう。

待っている間、免許証、車検証、自賠責証明書を準備して下さい。

日中であれば、損害を受けたモノ、現場の写真を撮るのも、あとで役立つと思います。

 

➄警察が到着したら、状況の説明

5w

免許証と車検証、自賠責証明書の提示を求められます。

相手がいる事故であれば、この事実確認で食い違う可能性大です。

ドラレコの装着は、この時、証拠として大いに役に立ちます。

※ドラレコ装着をしている場合、提出を求められる可能性もあります。

 

⑥保険代理店へ連絡(または保険会社へ直接電話)

call

警察の現場検証も終了したら、あとは自宅(職場)へ帰るのみです。

すぐにでも良いですし、落ち着いてからでも構いませんので

契約している代理店、保険会社の事故受付へ電話して下さい。

・証券番号(分かればスムーズです)

・住所、氏名、電話番号(相手方の分も)

・発生日時

・発生場所

・事故状況

・レッカー手配の有無

・損害状況(人、物)

などなど聞かれます。

過失割合や、お金の面に関しては、お互いの加入保険会社同士に任せちゃいましょう。

そして事故解決を待ちます。

 

・・・・・と、こんな流れかなと思います。

 

いざという時に備え、日ごろの確認と準備

・車検証と自賠責証明書は備え付けているか(すぐ出せるか)

・自動車保険(任意保険)証券は備え付けているか

・防寒着や長靴の準備はしているか(季節による)

・自動車の調子は悪くないか(止まる 走る 曲がる)

・代理店、保険会社の事故受付の連絡先を、すぐ確認できるか

check

こんな感じで事前準備をしていれば、安心できますね。

 

今回の記事は完全なものでは御座いません。

事故は起こさないのが一番ですが、起きた時に最善の対応を取れる様にしたいですね。

 

お金はかかりますが、ドラレコ装着も映像で証拠を残せるツールです。

話の食違いを防ぎ、もめる可能性を低くする事も可能、大きなストレス軽減になるでしょう。

合わせて、任意保険の補償内容を再確認、再認識しておく事も安心に繋がると思います。

 

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね