【お知らせ】雪道での緊急事態 万全ですか?

雪道

・雪道で活躍!備品紹介

・万が一の時を考える

・お手上げの時は任意保険のロードサービス

 

道内、今年も嫌な時期が到来です。

今回は雪道に必要な備品を紹介します。

スタッドレスタイヤ 冬用ワイパーの装備

これは大前提なので、省略します。

下記の記事も参考にしてみて下さい!

【車の知識】スタッドレスの寿命

車内の備品紹介

①雪落とし棒

雪はね棒という愛称で知られていると思います。

「I字型」「T字型」があります。個人的にはT字型がおすすめです。

屋根の雪落とし、ガラスに張り付いた氷を落とす際、ラクです。

snowbrush

 

②予備ウォッシャー液

特に吹雪の日に切れたら、最悪。視界確保が困難に!場合により走行不可。

ウォッシャー液の入れ方は、事前に確認しておいた方が良いです。

ボンネットを開けたら、エンジンルーム内にあります。

ウォッシャー給油口

キャップを開けて、ドバドバ足すだけでOK。

 

③防寒着

厚手のフード付きロングコート(ベンチコート ダウンコート)

長靴 軍手 靴下 マスク 毛布やタオル など

いつでも暖を取れる様に、車内に備え付けておきたいですね。

防寒

写真はやりすぎかもしれません。が、完璧な防寒対策といえるでしょう。

 

④スコップ

プラ製のモノでも良いですが、出来れば鉄製のモノを!

埋まった時など、鉄製の方が氷など削るのに優れています。

ちなみに、先は尖ったモノを!

平らだと、氷の硬さに負け、変形する場合があります。

また、毎年ニュースになる

「一酸化炭素中毒による死亡事故」もスコップ1本でラクに阻止できます。

埋まってしまった時は、車のマフラ周辺を定期的に除雪し、

排気ガスによる一酸化炭素中毒を防ぎましょう

shovel

 

⑤脱出シート

スタッグヘルパーという名称らしいです。

埋まった時、タイヤの下に噛ませ、空回りを解消してくれるモノです。

スコップと一緒に備えておきたいですね。

シャベル 人

こちらの用途を突き詰めていくと、

タオル類で代用できるかも。最悪、フロアーマットでも良いかも!

 

雪道での万が一を考える

豪雪、極寒、深夜、誰もいない、何もない・・・

その環境下で

暖房が故障・・・

車が埋まった・・・

エンジンが止まった・・・

ガス欠になってしまった・・・

など最悪な状況を考えてみましょう。

何が必要なのか見えてくると思います。

万が一があっても対処できる準備をしたいですね。

 

お手上げの状況になった場合

事前に現在加入の「自動車任意保険」の内容を確認しましょう。

任意保険にはロードサービスがついております。

【車の保険】ロードサービス

サービス内容を認識する事で、安心感が増すと思います。

保険証券もすぐ確認できる様に、備え付けておく事をオススメします。

 

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね