相続?争族?

菊花

・相続については考えていない

・うちに限って「争族」にはならない

・遺言?まだ作成しなくていい

 

今回は題名の通り少し暗い話ですが、大切な事を書きます!

遺言は元気な時に準備しておく

ある程度の財産の把握をしておく事や、

誰に?何を?どのぐらいの割合で?

など決めておく事が極めて重要です。

事前に決めておく事で、残った家族への負担が大幅に減るでしょう。

世代

相続には、色々と細かな決まり、手続きが御座います。

まず覚えてほしい事が、

「原則、相続税の申告は相続開始から10カ月以内!」

遺産の割合で争う時間は無いという事です。

合わせて贈与に関しても、まとめておく事が重要です。

 

遺言には種類があります

①自筆証書遺言  ②公正証書遺言  ③秘密証書遺言

それぞれメリット・デメリットが御座います。

事前に検索、自分に合った作成方法がどれなのかを

今から決めておくのも大事です。

 

「遺言作成」は五体満足のうちに!

「財産ないから大丈夫」という家庭ほど、相続時は争い、

財産がある家庭ほど、相続への備えがしっかりしている傾向があります。

遺言は自身が健康であり、頭が働いている時点で作成する事が鉄則です。

万一、認知症など発症してしまった場合や、意思の疎通が不可能となった場合、

思い通りに書く事、作成してもらう事すら出来ません。

病気以外でも、事故などで急に亡くなる可能性も考えられます。

 

そう考えると、本人には遺言の準備をしておく義務があると思います。

「相続」が「争族」にならない様に準備したいですね。

言い争い

 

日記が効果的という事例も

遺言が無く、それまで争っていた家族が日記を発見。

その内容を読み「争族」ではなくなった。という事例があるそうです。

日記

日記には、法的効果は御座いません。

しかし本人の感情や考え、出来事などを文字で残す事が可能です。

読んだ遺族は冷静に考え、尊重し、遺産分割の割合に納得する事でしょう。

日記は遺言と同じぐらい大事かもしれません。

毎日1行でも2行でも日記に残す事をオススメします。

 

生前、贈与、死後、相続、遺産・・・

こういった話は嫌われそうですが、私は重要視してます。

残した家族に丸投げは無責任だと思いますので!

 

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね