【車の知識】MT・ATって何?

オートマシフト②

・何の事か分からない

・聞いた事はある

・何の略?

まずはMTから

マニュアルシフト

マニュアル・トランスミッションの事です。

現在はスポーツカーやトラックなどに多く採用されているのかなと思います。

簡単に言えば、1速、2速、3速・・・と自分で速度の調整ができる車です。

MT車は、クラッチペダルとシフトレバーによりギヤ切替え操作が必要です。

面倒だけど、たまーに乗りたくなる中毒性があります。

 

次にAT

オートマシフト①

オートマチック・トランスミッションの事です。

一般家庭の自動車は、こちらが主流になってます。

最近はトラックもAT車が増えてきました。

クラッチペダルが無く、ブレーキペダルを踏みながら

シフトレバーを「D(ドライブ)」の位置に入れたら準備OK。

ブレーキを離せば勝手に走り出します。速度調整も自動(オート)でやってくれます。

こんな順番になってます。

  1. P → パーキング  停車時
  2. R → リバース   バックする時
  3. N → ニュートラル 故障時など他力で引っ張る・押す時
  4. D → ドライブ   走行する時

 

Dより下のシフトは急な下り坂道などでエンジンブレーキをかけたい時に使ったりします。

基本Dで問題なしかと。

 

という事でMT車とAT車の違いを簡単に書きました。

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね