リスクが高い右折

右左折は危険だが右折の方がリスクが高い

クルマの運転では様々な時に気を使いますが、その中でも右折行動のリスクが高いと言われていますね。右折行動では、直進や左折をする車に対して進行を妨げてはいけません。対向車に急ブレーキを踏ませるようなタイミングでの右折は絶対にNGです。更におろそかになりがちなのは、歩行者や自転車の動きです。ようやく対向車が途切れて”チャンス”と思って右折したら、急に自転車が現れるということもあります。そして、右折行動が交差点内だと信号確認という行動がひとつ増えてしまいます。

    

右折進入を原則禁止している会社もある

右折は左折の4倍歩行者事故事故が多いと言われています。そのため原則右折進入を禁止している会社もあります。左まわりを繰り返すことによりリスクの高い行動を回避して目的地に到着する。時には個人でもそういうリスク回避が必要ですよね♪

ためになる「知っておきたいクルマの話」はこちら!

この記事が良いと思ったらシェアしてくださいね